DIY-私の道具箱-工具2

私がDIY・日曜大工に使っている工具をご紹介。
そんなに大掛かりなものは使ってないんですヨ。

スポンサーリンク

かなづち(玄翁)

かなづち・玄翁
とんかち、とかいろいろな名前がありますが私がもっているのは
両口玄翁(げんのう)という両側が打面のもの。
これも中学校の技工用の工具セットに入っていたもの。
片側は平らでもう片方は少しだけ曲面になっています。

釘などを打ち込むのに最初は平らの面を使い、最後に板を傷つけずに
きれいに釘だけを打ち込むときに曲面を使うんだそうです。
私はほとんど釘を使わないのであまり気にしてないのですが(笑)

いろいろな重さのものがありますが私が使ってるのは225gと軽め。
使いやすいので気に入ってます。
お値段をホームセンターで見たらこれまたピンキリ。
300円~5000円位のものまでさまざま。1000円前後のものが妥当かな?

ソーガイド

ソーガイド
のこぎりでまっすぐ切ることがまだできない私の頼れるお助け道具。
板厚があまりに厚かったり、幅が広かったりすると
精度が落ちてしまうけれど、ちょっとした切断なら
ホントにきれいに切れます。

お値段は1700円~2000円弱くらい。下で書いている、
手引きノコギリ翔265との組み合わせで使用してます。
角度切りもできるようですが、私はまだ使ったことがないです。

付属の平行スライダーをまっすぐな棒にそわせて使うと
長い直線も切れますが、そわせる棒を平行に固定するのが
大変なので私はあまり使いません。
長い直線は木材を購入するお店に切ってもらうのが一番~(笑)

現在はのこぎりとセットで販売しているようです↓

替刃式ノコギリ 翔265(9寸目)

替刃式ノコギリ 翔265(9寸目)
見てのとおり、手引きノコギリです(笑)
替刃式の片刃ノコギリでわりと有名なのは
ゼットソーというブランドですが、
この翔シリーズはゼットソーと互換性を持っているのだとか。
(翔265はゼットソー265とほぼ同じようです。)

↑のソーガイドと組み合わせて、
ちょっとした切断に活躍してくれています。
いつかは君だけでまっすぐ切れるようになるからね、
と言いながら作業してます。(笑)
お値段は一本1500円前後。替え刃は500円ほどで売ってます。

今はゼットソーもあまりお値段変わらないので
こっちでもよいかもです↓

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする