DIY-私の道具箱-材料1

私がDIY・日曜大工に使っている材料をご紹介。
材料のページでは常備しているもので使うと減るものを載せています。

スポンサーリンク

木工用ボンド

木工用ボンド
たかがボンド、されどボンド。バカにしてはいけません。
接着面を平らにして、接着するときにきちんと圧力をかけて
密着させておけば、手で引っ張ったのでは
びくともしないくらいの接着力があります。

電動ドリル・ドライバーと同じくらい(それ以上かも)
無くてはならない道具ですが、
最初は使いきれるか不安でちっちゃいの買ってました。
でも結局すぐ終わっちゃうので、
最近は500g入りを買うようになってます。
そのうち3kg入りとか買い始めそうですが(^-^;

速乾性とかではないフツーのボンドです。
500g入りで600円くらいで売ってます。

スレンダースレッドネジ

スレンダースレッドネジ
軸細コーススレッドとも呼ばれるネジ。
先端がななめに削られている形になっているのが
木ネジとちょっと違うところ。
これのおかげでねじ込みやすくなっているのだとか。

長さ25mmから65mmで5mm刻みの9種類と75mmの計10種類を
持ってますが一番使うのは25mm~45mmくらい。
下穴無しでもねじ込めますが板が割れることがあるので
下穴をあけてから使うほうが安全。

隠し釘

隠し釘
あまり重さがかからないからボンドだけでくっつけよう。
だけどクランプがかからないから密着できない・・・。
でもネジを使うと目立っちゃうし・・・

というときに便利なのがこの釘。
接合面にボンドを塗ってこの釘を上のプラスチックの部分が
少し潰れるくらいまで打ち込んで2時間放置。
(打ち込んですぐに頭を落とすと密着保持の意味がなくなります)

そのあとかなづちで頭を叩いてあげるとポロッと頭が取れて
普通の釘を打つよりずっと目立たなくなります。
ただかなづちで打つときにちゃんと真上から打ってあげないと、
打ち込む前に頭が折れてしまうことも。要注意です。

45mm、36mm、22mmのものを持ってます。最後に頭を落とすので
最終的に残る釘の長さは各釘の長さから-5mmの長さになります。

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする