子育ての強い味方!ファミリーサポートセンターに登録してきた

フルタイム勤務に備えて
自治体のファミリーサポートセンターに利用登録してきました。

預けたいのもそうですが、出来るときはお手伝いもしようと、依頼も提供も出来る、両方会員になってきました☆

スポンサーリンク

ファミリーサポートセンターって?

ざっくり言うと、育児等の応援をしたい人(提供会員)と育児等の応援を受けたい人(依頼会員)を繫いでくれるシステム。
応援を受けることと行うことの両方をする会員になることも出来ます。(両方会員)

ファミリーサポートセンターだったり地域によっては子育てサポートセンターと呼ばれていたりします。

どんなときに使えるの?

保育所・幼稚園の登園前の預かり・送り迎え
・帰宅後の預かり
放課後児童クラブの迎え・帰宅後の預かり
子どもの習い事等の場合の送迎
など、色々頼めます。

仕事はもちろん、育児中のリフレッシュのための利用もOK。

厚生労働省の事業ですが
実際は市町村がやっているので各自治体によっても少し条件ややってもらえることが違います。
うちの自治体は育児のみでしたが、育児だけで無く介護でも利用可能な所もありますし、家事代行がお願いできるところもあるようです。
詳細はお住まいの自治体に問い合わせていただくのが確実かと。

今回のみまる家の場合

うちの場合は私がフルに働き始めると、娘の習い事の送りの時間に間に合わないため、今回、登録することにしました。

やめさせることも考えましたが、とてもたのしそうに通っていることもあってできたら続けさせてあげたい、と思って。

同居の母も手伝ってくれますが、夜勤もあるシフト制の仕事に就いているため、送迎が出来る日と出来ない日がある上、毎月勤務がバラバラなので、母に行ってもらえない日はファミリーサポートセンターにお願いすることにしました。

見ず知らずの人に預けるの?

まず利用にはファミリーサポートセンターに登録が必要です。
その後、ファミサポの担当さんが条件に合った方を探してくれて、預ける前に事前に顔合わせがあります。
お互いにこの人で大丈夫ということになって初めてお願いすることが出来ます。

なので、いきなり知らない人に預ける事にはなりません。

うちの自治体では預けたい依頼会員さんと提供会員さん二人での顔合わせが基本でした。
希望があればファミサポ担当の方も交えて三者での顔合わせもしてもらえます。

顔合わせ場所は、市町村役場や、自宅で子供を見ていてもらうときには依頼会員さん宅、預かってもらうときには提供会員さん宅など色々。

この辺も自治体によっても違うようです。

私は今回初めてだったのでファミサポのかたにも同席をお願いし、預かりでは無く保育園から習い事への送迎だったので役所で顔合わせさせてもらいました。

穏やかで優しそうな方だったので、一安心。

2回目以降、同じ方にお願いするときは顔合わせは必要なくなります。

ファミリーサポートセンター利用の料金は?

ファミリーサポートセンターの利用料金は1時間平均600円~800円です。
利用時間によって変わる場合もあります。

うちの自治体は
7時から19時が一時間700円
それ以外の時間帯は900円。

ベビーシッターさんは大体一時間3000円前後のようなので、比べたら格安です。

何で安いの?

ベビーシッターはお仕事として有資格者のかたが(資格ないかたもいますが)されているのに対して
ファミリーサポートセンターは地域住民のボランティアのかたが子育てのお手伝いをして下さるという形になっています。

なのでとても安い値段で預かってもらえます。

トラブルは無いの?

ここは私も一番気になりました。

ファミサポの方に色々聞いたところ、
残念ながらトラブルはゼロでは無いけれど、お願いする方ときちんとコミュニケーションを取ることで回避できるトラブルが多いとのことでした。

伝えたつもり、では無く、
きちんと紙に書いてお願いするとか、
メールで形に残るようにお願いすることで
思い違いはだいぶ減らせます。

今回私も、
何時保育園お迎えで
何時までに習い事の場所に着いて欲しい、
など紙に書いてお渡ししました。
(この時同じ物のコピーを取っておくと良いそうです)

また、実際お願いした感想は後日書きたいと思います(*^^*)

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする