DIY-雑巾はリサイクル品

私が日曜大工をするときに掃除機と共に必ず用意するのが雑巾

乾いた雑巾は作業のときに道具についたほこりを払ったり
ぬらした雑巾で、はみ出したボンドをぬぐったりと
一度の作業でもけっこう使います。

スポンサーリンク

雑巾はリサイクル品

でも、この雑巾、わざわざホームセンターで買ってこなくても
古いタオルを縫わなくてもOKです。

普通の古くなったタオルを縫った雑巾を使うよりも、
いらなくなったTシャツを手のひらよりちょっと大きく切ったものと
伝線したストッキング
を用意しておくほうが便利なんです。

まずTシャツはぬらして硬く絞って数枚置いておいて、
ボンドがはみ出したりしたときに使います。
普通のタオル地のものを使うよりも生地が薄いので
細かいところまでふき取りやすく、
ちゃんとした雑巾よりかえって使いやすいです。

で、何よりもともともう着なくなったTシャツですから、
使い終わったら気兼ねなくポイっと捨てられます
(ボンドをぬぐった雑巾をきれいに洗うのは
けっこう大変だったりします。)

乾いたままのものも数枚用意しておいて、
ちょっと塗料がこぼれてもさっと拭いてポイ。
ちょっと汚れのひどい工具もさっとふけます。

そしてストッキング
これは工具のほこりを取るのに便利なのです。
道具をさっとなでると静電気できれいに木の粉が取れます。
伝線したストッキングは女性の方なら必ずあるでしょうし、
男性の方は・・・奥様とか彼女さんのものを貰っとくといいですよ。

こんな、ガシガシ使ってすぐ捨てられる雑巾があると、
作業効率もUPします(*^^)

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする