DIY-スタンバイ!

私のDIYの場合作業はほとんど室内でやっています。
外に出ることはまずありません。

スポンサーリンク

というわけでお部屋の中で日曜大工をするポイントを少し

私は電動工具はドリルドライバーぐらいしか使わないことが多く、
作業をしているだけで大量の粉塵が舞い上がることはないので
室内でのDIY作業が可能です。

丸ノコとかを室内で使ったりしたらそれこそ家中が粉だらけですから、
電動工具を多く使う場合は室内では無理だと思います。
(汚してもいっこうに構わない専用のお部屋があれば別ですが)

とはいえ手工具が主でも、やっぱり多少の木の粉は出ます。

私は最初の頃、これを甘く見ていたためにさんざんな思いをしました(泣)

のこぎりやドリルドライバーを使ったあと、
木の粉が出ていたのには気付いたのですが
少量だし、とりあえず作業を早く進めたいし、
作業が終わってからまとめて掃除すればいいや、と
木の粉を長い時間放置したことがあったのです。

そのまま作業していたのですが、気付かないうちに
自分の動きでそれがそこら中に舞っていて、
部屋中の家具にホコリのように木の粉が積もっていました。

しかも、作業中にそれを踏んだりしていたので、
粉のついた足で別の部屋にモノを取りにいったり、
ちょっとお手洗いに、と移動するうちに
これまた気がつかないうちに別の部屋や廊下まで
汚れてしまっていました。

でも必死で作業してますから
作業中は見えなかったんです。その事実が。

そしてやっと作業が終わったと部屋を見回すと、
そこは木の粉が降り積もる一面の銀世界(爆)
そこでやっと気がついて。

その後泣く泣く家具の雑巾がけと家中の掃除機がけをしました。

今だからこんなにのほほんと書けますがそのときは本当に辛くて
そうでなくてもなれない日曜大工をやって疲れてるのに、
作業後に大掃除・・・なんてホントに目も当てられませんでした。

それを経験してから、私が作業前に道具や材料と共に
必ず用意するようになったのが

掃除機と、乾いた雑巾

木の粉の被害を最小限に食い止めるには

「出たら吸う」

これが一番。

・・・・当たり前?(汗)
で、でも、これだけで、
かなり作業後の片付けが楽になります。

そして使った道具はその場で乾いた雑巾で
ほこりを払って工具箱へ。

ちょっとしたことを気をつけていれば
最後に木の粉にまみれた部屋と道具をゲッソリしながら
片付けずにすみ、日曜大工がもっと気軽になります。

もし室内で日曜大工やってみよう~と思われたら、
是非、作業をされる前に掃除機と雑巾の準備をオススメします。

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする