DIY-ローテーブルの作り方4-組み立て1

さて木材も届いたので早速製作開始。

スポンサーリンク

ローテーブルの作り方4-組み立て1

の前に。届いた木材はサイズ確認をしながら一度240番の紙ヤスリで
一通り研磨します。作業中にとげが刺さる心配も少なくなるので。
ローテーブルの作り方
写真はローテーブルの木材。他にベンチの木材、
それに端材もかなりの量があるので、
部屋が完全に木材倉庫と化しました。
早く組み立てないと居場所がありません(笑)
「わーい木の香りだ~」
なんて悠長なことを言ってる場合ではナイ。

まずは足の組み立てから取り掛かります。
ローテーブルの作り方
上の木材図でいうとオレンジと黄色の木材をくっつけます。

結合はボンドとスレンダースレッドネジで。
それと、ボンドをつけたときの横ずれを防ぐために隠し釘を使っています。

隠し釘の先を1mmくらいだけ出しておいて
ボンドを塗って位置を確認してぎゅっと押し付けると、
横ずれせずに貼り付けられます。
ボンドをつけただけでただのせると、よくすべるんだこれが(笑)

ローテーブルの作り方
ボンドを塗るときは薄く全面に塗ります。
アタシのはかなり手抜き塗りです(笑)
でもまぁ、支障はないですから・・・
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

そしてこれを相手の板にのせて
位置を確認したら、ぎゅっと押します。

このとき、はみ出したボンドは固く絞った雑巾ですぐにふき取ります。
これを忘れると、塗装のときにそこだけ色がつかないという悲惨なことに・・・(泣)
ローテーブルの作り方
固定ができたら、隠し釘を打ち込んで、
ドリルで下穴をあけて
スレンダースレッドネジを締め込みます。
もちろん電動ドリルドライバー使用。

ここまで終わったら次は木材図の茶色のものと結合させます。
ネジ等見せたくないので、ボンドのみでの固定。
あ、このときに板をくっつける向きを間違うと
どの方向から見ても木口が見えるつくりになっちゃうので注意。
ローテーブルの作り方これがホントは正しいのだけれど・・・・

ローテーブルの作り方付け方を間違うとこうなります。

ボンドが乾くまできちんと密着状態を
保たなくてはいけない、ということで
ローテーブルの作り方
ローテーブルの端材の28mmの板で、
自作クランプを作って使いました。
VIC’s D.I.Y.様に作り方が載ってます。)

市販のクランプで密着しようと思ったら、
75mm~のクランプが12個ぐらい必要になっちゃいます。
大体75mm位のクランプが600円程度しますから、約7200円!高!
ほかにも、クランプと木材の間に挟む薄い板も必要になるし、
作ってしまったほうが安いし早いので、これオススメです。

たまたまシナ合板の端材があったから使いましたが、
コンパネとかでも全然大丈夫だと思います。
むしろそっちで作るのが普通でしょうね。
わざわざシナ合板で作られたわたしの自作クランプは贅沢品かもしれません(笑)

急がないと間に合わない~、と思いつつも歩みが超ゆっくり。
でも失敗するよりは良いよね!?

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする