DIY-カフェテーブルの作り方3-材料・道具

自分で作るときめたものの、道具もほとんど持っていない状態。
私のDIY一作目は必要な道具と材料の手配からはじまりました。
今までもカラーボックスにキャスターをつけたりしていたので
電動ドリルドライバー(RYOBI FDD-1000)はもともと持っていたものの
他はすべて買い揃えることになりました。

スポンサーリンク

カフェテーブルの作り方-材料・道具

■持っていたもの■
電動ドリルドライバー(RYOBI FDD-1000)

■ホームセンターで購入したもの■
ビニールシート
ボンド
紙やすり#240番(2枚ぐらい)
紙やすり#400番(2枚ぐらい)

VIC’s D.I.Y. mini-Shopで購入したもの■
刷毛13mm
刷毛40mm
スレンダースレッドネジ25mm18本
スレンダースレッドネジ30mm4本
スレンダースレッドネジ40mm4本
ワシン水性ポアーステイン(チェスナット)130ml 2本
ワシン油性ニス(透明クリヤー)270ml 1本
ワシン油性ニス(つやけしクリヤー)270ml 1本
ワシンペイントうすめ液 250ml 1本
(ノコギリ)
(ソーガイド)

カッコ内の道具は普通は必要ありません。
サイト上では修正したものを載せていますが、
実は木材注文の時点で天板と底板を
600×600㎜の同サイズで注文していました。
(↓の写真参照)

カフェテーブル-板取り

カフェテーブル-板取り

木材が届いて、よくよく考えてみたら
とてもバランスが悪いことに気がつき
慌てて底板を切るために準備した道具です(泣)
設計図や、↓の木材等は修正したものを載せてあります。

日曜大工応援隊で購入したもの■
シナ合板15mm厚
600×600㎜ 1枚(天板)
400×400㎜ 1枚(底板)
570×100㎜ 2枚(足)
540×100㎜ 2枚(足)
400×100㎜ 4枚(足)
150×100㎜ 4枚(足)

こういう板取図を書いて注文しました。

カフェテーブル-板取図

カフェテーブル-板取図


設計はエクセルでやっています。設計用フォームはVIC’s D.I.Y.で頂きました。
赤枠は板のサイズ。910mm×1820mm(3尺×6尺)の15mm厚のシナ合板を使用しました。
決して効率がいいとはいえない板取り。もうひとつ何か作れるぐらいあまってしまった(-_-;
しかも端材を送ってもらうのを忘れた・・・(^-^;次からは気をつけよっと・・・。

全部そろえた時点で金額的に多分、市販のカフェテーブル買えてました(爆)
いやいやいや。自分で作ることに意義が・・・・ある!・・・・のか?(-_-;
いいんです楽しいから・・・。
それに一度で使い切ってしまうのは木材と塗料、紙やすりくらいで
あとは一度買えばしばらく使えるもの(道具やネジとか)も多いので、
次に作るときはそろえるものが減るはず!(多分)

おまけ
慌ててソーガイドで板を切るの図。

カフェテーブル-底板切り

カフェテーブル-底板切り

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする