DIY-室内用ベンチの作り方5-組み立て2

さてさて足がボンドで固まったら、次は足の下から10cmのところに線を引きます。
曲尺(指し金)で測ると、しっかり測れるのでオススメです。

スポンサーリンク

室内用ベンチの作り方5-組み立て2

室内用ベンチの作り方
このときは足二本を向き合わせにしながら線を引かないと
組み立てのときに線が上下さかさま
という悲しいことになるので、注意。

曲尺(指し金)はL字型をした
金属製のものさし。直角を確認したり、
直線を引いたりと、便利に使えます。
私は30cmと50cmのものをもっています。
室内用ベンチの作り方 室内用ベンチの作り方
線を引き終わったら
室内用ベンチの作り方-木材の寸法図
次は↑木材図の肌色のものと
足を組み合わせていきます。
板に仮釘を打って少しだけ針の頭を出しておいて、
ボンドを塗り、固定します。
室内用ベンチの作り方

室内用ベンチの作り方
固定位置は足の一番上と、10cmの線を引いたところ。
曲尺を使って直角を確認しつつ、固定。

固定している板の下に敷いてあるのは木材図のオレンジの板。
このあとはめ込むので、これにあわせて固定しておけば
長さ合わせにもちょうどよいです。
室内用ベンチの作り方

室内用ベンチの作り方
そのあと、スレンダースレッドネジ25mmで完全固定します。
仮釘の針の頭が少しだけ木材に刺さっているので、
ネジを打ち込んでもずれることはありません。
各箇所2本づつぐらいかな。
ネジをしめ終わったら、仮釘はラジオペンチで抜いてしまいます。
これをあと3セット同じものを作ります。

次は木材図オレンジの板との張り合わせです。
足と固定した28mmの板に仮釘を打って少しだけ頭を出して、
ボンドを塗って仮固定します。
室内用ベンチの作り方
仮固定できたら、スレンダースレッドネジ25mmで本固定。
室内用ベンチの作り方
このときに気をつけないといけないのは、ネジをねじ込みすぎないこと。
板厚が18mm+9mmで27mmしかないので、ねじ込みすぎると、貫通します(爆)

実は数箇所貫通したなんて・・・ことは・・・・モゴモゴ。

今までの工程と同じように
木材図の赤の板と緑の板を連結します。
室内用ベンチの作り方
ベンチの足が完成。

ツイッターでも時々つぶやいてます。
フォローして頂けると喜びます☆

ランキング参加してます。
よろしければポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする